管理人の独断と偏見により、おもしろかったWEBコミックをまったりと紹介していくブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作×漫画

今回ご紹介するのは二つの作品「ハコニワ人魚」「詐欺師の翼」と、
それを生み出した企画「原作×漫画」です!
こちらはサイト原作×漫画で公開されています。

「原作×漫画」は、
「数人の漫画描きがひとつの原作をそれぞれに仕上げる」
というコンセプトでやっておられる面白い企画で、
このブログで取り上げさせていただいた作品の作者様も多数参加されています。
同じ原作で様々な画風やコマ割、解釈を見れてかなり面白いです。

公開されている作品のご紹介をば。
今回はこの企画自体の紹介がメインなんで、
詳しいあらすじは割愛させていただきます。


まずは第一回の作品「ハコニワ人魚」のご紹介です。
原作を手がけるのはナナツさん。
作画はひつじさん、パーダさん、木次トモさん、ヒメガモさんが描かれています。
江戸時代風の世界。
荒くれ者の侍「天阿」が町の人間の依頼で
森の妖怪を退治しに行くというお話。

全体的にどこか哀愁ただよう作品。
天阿が、セリフはほとんど同じなのに、
キャラクターがそれぞれ微妙に違っていて
それぞれの作画さんの特徴が出ています。

第二回の作品「詐欺師の翼」
原作はeitoさん。
作画はpagenさん、佐原衣麻さん、nappaさん、藍川ナオさん、
ケイさん、かんじさん、陽陰そうしさんが手がけています。
大人になったら忘れてしまう子供の頃の夢。
「詐欺師の翼」は詐欺師の大人と夢を持つ子供のお話です。

羽根の解釈が作画さんごとに特徴があって凄く面白い!
実際、この羽根の解釈にはなかなか難しいものがあると思います。
やはり、こういう色々な違いこそ、この企画の醍醐味ですね。

「原作×漫画」とても面白い企画だと思います。
是非とも続けていっていただきたい企画です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。